第14回会合5/18    R4/2/18、ニュースレター、     R3保全/幹事会 R3/12/14
                           朝日連峰保全協議会  No2
 
  朝日連峰保全協議会~原始性の高い朝日連峰の自然が永続されるように

   トップページに戻る
 
 
 設立の趣旨
 

  朝日連峰を愛する人たちや朝日連峰に関わる人たち、朝日連峰に登る人たちの協働により、
 人為的な影響で荒廃した自然の復元に勤め、原始性の高い朝日連峰の自然が永続的に維持
 されるようその保全活動を推進する。かつ、秩序ある保全活動となるよう、広範な関係者が参
 加し夫々の立場で連携・分担するための情報交換と意志疎通を行う。 

                         ( 平成21年5月22日設立 )


   見出しへ


   ニュース、近況等


066

  見出しへ

                朝日連峰保全協議会

                            第14回会合開催

   R2・R3の2年間は、新型コロナウイルスの感染拡大という、嘗て経験のない
 不安情勢から、当保全協議会活動が全面休止を余儀なくされてきた。
  未だ、全国的なコロナ感染の様相は見られるものの、感染の仕組みや予防接
 種・その他の防御システムの解明が為されなど、不安・恐れの状況から解放さ
 れつつある現況にある。
  このようなことから、R4年度は、コロナ禍にあっても、出来る限りの感染の予
 防策を講じながら、当保全協議会活動を再開することになり、そのスタートとな
 る第14回会合を開催することになった。
  その主な内容は、下記のとおり。尚、記載内容は、一部をのぞき会合で提出
 された資料を転記(スキャナー)したものです。

  
   朝日連峰穂残協議会第14回会合  次第

   
  議題

     (1)、今後の事務局体制
     (2)、令和3年度の活動報告
     (3)、令和4年度の活動計画

      (4)、各団体取組(令和3年度報告・令和4年度計画)
      (5)、その他について

     *会合当日の出席者*
 

  (1)、今後の事務局体制



  (2)、令和3年度の活動報告

 

   (3)、令和4年度の活動計画

           *承認事項  全員の賛成で承認された。

 
 

  (4)、各団体取組(令和3年度報告・令和4年度計画)

     ①、環境省の登山者数調査
 
     ②、各団体取組(令和3年度報告・令和4年度計画)
 
 
 
 

  (5)、その他について

   ①、登山道の管理~省略
   ②、月刊誌「山渓」 6月号に飯豊連峰・朝日連峰関係の記事あり。(地元人の原稿)
   ③、その他~省略

   配布された会議資料からの変換記事のため、不鮮明な記事となり御免なさい。




065

  見出しへ

                朝日連峰保全協議会

                             令和3年幹事会等のニュースレター
 
 



 064

  見出しへ

                朝日連峰保全協議会

                令和3年度幹事会の開催報告

   令和3年度の幹事会は、年末12月14日、西川町役場第2庁舎会議室で開催され、新型コロナウ
  イルス感染拡大で、主たる保全活動が出来なかった2年間のブランク後の次年度(R4)活動計画
  案などを協議しました。尚、その間(コロナ禍)の関連する現地調査活動などの報告も行われた。

       1、期  日  令和3年12月14日 13:00~15;00
      2、会  場  西川町役場第2庁舎 会議し室
      3,出席者   
 

             3、協  議
       (1)、令和3年度の活動報告
          ①、植生復田作業箇所の状況(別紙1~下記)
          ②、登山者カウンター調査結果(別紙2~下記)
          ③、コロナ禍に於ける登山に関するアンケート結果(省略)

       (2)、令和4年度の活動計画(案など)
          ①、技術部会計画
              技術部会及び事務局で計画する
          ②、第14回会合(関係団体・機関合同会議)
            * 期 日  5月18日(水)
            * 会 場  西川町 交流センター”あいべ”

          ③、合同保全作業の計画
            * 期 日    9月3日(土)~4日(日)
            * 場 所  中先峰

             ③、保全技術講習会
                            技術部会及び」 事務局に企画一任
               令和3年度に保全マニュアル完成(活用)
                    ④、その他(省略)


 別紙1
 植生復元作業箇所の状況(写真は一部のみ)

  * 三方堺~植生復元の半面、一部にガリー発生
  * 中先峰~雨水による侵食拡大は見られない。ヤシ製の土嚢が劣化
 
 
 別紙2
 登山者カウンター調査結果