見出し   
k2への再挑戦~遠藤(博)君
本文へジャンプ
見出し 
 報25遠藤博隆君K2登山報告会開催10/19 報24k2登山報告会10/19案内 報23帰国「無事帰ってきました」 報22現地報告スカルドのホテルに滞在中 報21田地報告『撤収準備中:帰路のキャラバンへ』報20現地報告『C3は、流された模様』 報19現地報告『天候不順のため 登頂断念』 報18現地報告『天候 不順 BCまで撤退』 報17現地報告 『C2に到達  天候が気になるところ』 報016現地報告『アタック開始、 降雪の中、C1到着』 報015現地報告12報登頂予定日が7/28に決定 報014現地報告第11報ベースキャンプより 報013現地報告第10報バースデイパーテイ 報012現地報告第9報C2構築 報011現地報告第8報C1設営完了 報010現地報告第7報ルート工作 報009現地報告第6号ABC設営 報008現地報告第5号 報007現地からの報告第4報 報006現地からの報告第3報 報005現地から第2報 報004現地から第1報 報003山形駅見送り6/2 報002壮行会5/18 報001壮行会お知らせ5/18
k2からの報告
トップページへ
 
                      k2の全容

K2への再挑戦 ~遠藤(博)君からの報告
 当山岳会員の遠藤(博)君は、パキスタン北部のカラコルム山脈に位置する世界第二の高峰(世界第一の難峰)であるK2(8611m)へ再挑戦することになりました。この2013/6初旬に出国を予定。
 栃木ヒマラヤ研究会主催の「栃木k2登山隊2013」8名の一員として挑戦するもので、遠藤(博)君は、2009年に同峰に挑戦、頂上を目前に気象条件が悪く登頂を断念、C4から撤退しましたが、今回、再挑戦することになりました。

   以下、K2からの報告を、このページに随時掲載することにします。

   「栃木 K2 登山隊 2013」のブログ

http://himalayapk.exblog.jp/19457093/


  報025
見出しへ.
     ~遠藤博隆・K2登山報告会を開催
  西川山岳会員遠藤博隆君は、「栃木K2登山2013」隊副隊長として、世界第
 二の高峰で世界一の難峰といわれるK2(8,611m)に再挑戦しました。残念な
 がら登頂はできませんでしたが、その詳細について登山報告会が下記により
 開催されました.。
 
報告会
 
 期  日  10月19(土)午後4時~午後5時20分
  場  所  西川交流センターあいべ大ホール
  参加者   38名
  内  容  報告内容など詳細省略・・写真記録を掲載
           
主催者挨拶
           遠藤博隆君より報告

主催者の挨拶(西川山岳会長)

    遠藤博隆君の報告
 
 

 懇談会
  期  日  10月19(土)午後6時~午後8時20分
  場  所  出羽屋・・西川町間沢
  参加者   35名

  懇談会   詳細省略
            主催者挨拶
            来賓の挨拶 保坂2009k2登山隊長
            謝辞     遠藤博隆君
            乾杯音頭  佐藤俊二

 
  主催者挨拶

  来賓あいさつ(保坂さん)
 
  謝辞(遠藤博隆君)
 
  乾杯
 


  報024
見出しへ.
    ~遠藤博隆・K2登山報告会の案内
  西川山岳会員遠藤博隆君は、「栃木K2登山2013」隊副隊長として、世界第
 二の高峰で世界一の難峰といわれるK2(8,611m)に再挑戦しました。残念な
 がら登頂はできませんでしたが、その詳細について登山報告会を行いますの
 でぜひお出でください。
 
期  日  10月19(土)午後4時~
 場  所  西川交流センターあいべ大ホール

         入場は無料です。

  報告会終了後、懇談会を予定しておりますので、希望者はご参加く
 ださい。
       遠藤君を囲む懇談会
       日時:平成25年10月19日(土) 午後6時
       場所:西川町間沢 山菜料理「出羽屋」
       会費:5,000円


  その他:宿泊希望者は、下堀集会所を準備していますのでシュラフ
 を持参してください。(宿泊料は無料)


  報023
見出しへ.

  ~無事帰ってきました~

 書き込みが遅くなってしまいましたが、当初の予定通り、8月19日に帰国しました。悪天候で頂上を踏むことは出来ませんでしたが、全員無事に帰ってくる事が出来ました。

 

 当ブログをご覧になってくださっている皆さん、応援ありがとうございました!通信環境の制約から、登山活動中にコメントいただいた方に現地からはレスができずに申し訳ありませんでしたが、本当にありがとうございます!
 そして登山活動中に日本から登山隊を支援してくれた事務局の皆さん、いろいろとお世話になりました!少し落ち着いたら、各隊員が撮影した写真を整理してギャラリー的に掲載してみたいと考えています。



 報022
見出しへ.

 ~スカルドのホテルに滞在中~

電話連絡がありました。(なので、写真はありません)

現在、スカルドのホテルに滞在中です。
皆、元気です。

15日に、イスラマバードの予定ですが、情況によっては14日になるかもしれません。
そのときには、また、連絡します。

以上

八木澤さんブログアップお願いします。
    迫



 
 報021
見出しへ. 
                       BCで資材乾燥梱包

報021

見出しへ. 

~『撤収準備中:帰路のキャラバンへ』~

荷降ろしも完了し、あとは、帰りのキャラバンですね。
帰路もテロがあったりなので、気をつけてください。

事務局

八木澤さん
ブログアップお願いします。

-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Wednesday, July 31, 2013 11:18 PM


お世話になっております。

上部キャンプからの荷下げも完了し、帰路のキャラバンに向けた荷造りを行っております。帰路のスケジュールは、下記の通りを予定しております。


8月3日: BC出発
8月8日: スカルド着 (スカルドにて、デブリーフィ      ングや荷物の再梱包等を行う予定)
8月15日: イスラマバードに移動
8月18日: イスラマバード発
8月19日: 成田着


今後は上部では行動しないため隊員に危険はありませんが、無事に日本に到着できるよう、帰路も気をつけてまいります。

栃木K2登山隊



 
 
報020
見出しへ. 

~『C3は、流された模様』~

ニュージーランドの親子の2名の、冥福をお祈りします。栃木隊もC3にそのまま進んでいたら・・・と考えると恐ろしいです。紙一重でしたと思います。
回収、撤収も安全第一で、無事帰国をお待ちしています。・・・事務局

-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Monday, July 29, 2013 4:18 PM


お世話になっております。

昨日もお伝えした、C3に向かい消息不明となっている隊の続報が入りました。
C3周辺で大規模な雪崩跡があり、2名の隊員のものと見られるアイゼンやハーネスが雪面に確認できたとのことです。

2名は7/26夕方にC3に到着しておりますので、テント内にいる夜間に雪崩が発生したものと思われ、生存は絶望的です。

今シーズンのパキスタン国内の山では、遭難が相次ぎ、この事故により8000m峰五座での犠牲者数は24名となりました。

当初の計画では、7/26には全ての隊がC3への前進を予定していたため、もし下山せず予定通りに進んでいた場合は30名以上のクライマーを巻き込んだ大惨事となり得た可能性もあります。

栃木隊を始め、各隊がC3に設置・デポしてあったテントや酸素等の装備も流されているようで、1次アタック撤退後に体勢を立て直しての再アタックも検討していましたが、実際は装備が流失していたことから活動の継続は不可能となっていたと思われます。

遭難した2名はニュージーランド人の山岳ガイドの父子で、今シーズンはブロードピークを登頂してからK2に転進し、無酸素での登頂を目指していました。
栃木隊とは入山前の宿泊地から交流があったため、我々もやるせない思いで一杯です。

心から2人の冥福をお祈りします。

K2栃木隊



 
 報019
見出しへ.

~『天候不順のため 登頂断念』~

天気の回復はみられないようですね、C3あたりまでは行けたようですが、残念です。
しかし、まだまだ、次があると思いますので、頑張って安全に降りてきてください。帰ってくれば、まだ次回もあります。

お疲れ様でした。
事務局より

八木澤さん
ブログヘアップお願いします。

-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Sunday, July 28, 2013 11:44 PM

前回の更新でお伝えした通り、アタック体勢に入りC2に到達するも、上部の積雪が非常に多く危険な状態のため、行動を中止して7/26にBCに帰還しました。

その後、他隊からの情報も鑑み、栃木隊全員であらゆる可能性を話し合いましたが、これ以上の登山活動の続行は厳しくまた危険であると判断し、登頂を断念することに決定しました。

登山隊事務局をはじめ、応援をして頂いた皆様に良い報告ができなくなってしまったことは、本当に申し訳ありません。

栃木隊としては、自らの手でC2までのルート工作を果たし、隊員の高所順化でもC3付近(7200m)まで到達し順調に進んでいましたが、ルートとしては比較的難易度の低いC3-C4間での予想外の積雪・新雪量に阻まれる結果となってしまいました。隊員の気力、体力共に非常に充実していたため、残念な思いで一杯です。

同時期に活動していた他の登山隊も全てC2までで登頂を断念して、一部は既にBCを撤収しております。
また唯一C3方向に向かった1隊は、今もって隊員2名が消息不明のままで安否が気遣われます。

このような状況の中で体勢を立て直しての登山活動続行も検討しましたが、隊員の安全を考慮し、苦渋の決断をすることとなりました。

栃木隊を応援していただいた皆様には、ご期待に沿えませんでしたこと、重ねてお詫び申し上げます。我々の登山活動を見守って下さり、本当にありがとうございました。

今後の登山期間は、上部キャンプからの荷下げを行った後、BCを撤収し帰路のキャラバンで下山となります。
全ての活動が終了するまで決して気を抜かず、家族や仲間のもとへ無事に帰るという責任を全うしたいと考えております。

下山までも、引き続きこちらのブログで報告を続けて参ります。取り急ぎ、現状のご報告まで。

よろしくお願いいたします。


 
報018
見出しへ.

~『天候 不順 BCまで撤退』~

積雪のため危険性が高いようで、BCまで降りているようです。十分の注意して、まだまだいけます。。。

事務局 迫

八木澤さん
ブログアップお願いします。

-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Sunday, July 28, 2013 11:28 AM


衛星携帯の調子が悪く、報告が遅くなり申し訳ありません。

上部にて大量の積雪があり、雪崩の危険性が非常に高いと判断し7/26中に隊員全員がC2よりBCに下山しました。

7/25(栃木隊アタック2日目)に上部に向かった他隊によると、C3直下では150cm以上の新雪があり、胸以上までのラッセルで、C3に辿り着けなかったようです。
雪崩の発生もあり、他隊のメンバーが一時的に流されるというアクシデントの情報も入っています。

このような状況から、1隊を除き全ての隊がBCに帰着しておりますが、7/26にC3に向かった唯一の隊とは現在連絡が取れず、消息が不明の状況です。
遭難の恐れも考えられることから、安否が心配されるところです。

今後の栃木隊の登山活動については、他隊の情報も入手し、アタックの可否について慎重に協議したいと思います。


 
 報017
見出しへ.

~ 『C2に到達  天候が気になるところ』~

C2に到着したようですが、降雪による山頂からの雪崩などもあるようで、天気が気になりますね。

八木澤さん
UPお願いします。
事務局 迫

----- Original Message -----
From: K2Tochigi2013
To: 迫 和彦
Sent: Friday, July 26, 2013 2:43 PM
Subject: Re: 事務局より

隊員はC2に向かい有名なチムニーを越えて3時ごろ
C2に到着しました。体力、やる気充分なのですが天候にはばまれいかんともしがたい状況です。
今朝6時に出発したハイポーター4人も3時半ごろ無事到着しました。
26日朝天気の状況を見て行動を決めるつもりです。
今はちらちら雪が降っていますが、風はあまりありません。

C2(6800m) 北村よりアタック第2日目の報告
25日 午後6時


 
 報016
見出しへ.

K2登山隊より入電
~『アタック開始、 降雪の中、C1到着』~

八木澤さん
ブログアップお願いします。しばらくは、写真なしの文書のみとなると思います。

事務局 迫

-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Thursday, July 25, 2013 5:02 PM


アタック隊員は24日6時45分B.C.を出発しました。
23日未明からの雪のため苦労しながらも3時過ぎに
無事C1(6100m)に到着しました。
体調は全員良好です。
6時30分頃K2山頂より大きな雪崩が発生しバルトロ
氷河を横切り対岸のブロードピークのすそまで届くほどでした。しかし、どこにも被害は無くB.C.に雪煙が
舞い落ちた程度でした。

B.C.より アタック第一日目の報告です。



 
 
 
 報015
見出しへ.

~登頂予定日が7/28に決定~
・・『いよいよ、最終アタック!』・・

いよいよ、最終アタックになるようです。明日には、出発。みな、無事に登頂されることを祈りつつ、応援しましょう。

八木澤さんブログへのアップお願いします


-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Tuesday, July 23, 2013 7:25 PM
Subject: K2栃木隊より 2013/7/18
栃木K2登山隊 事務局

いよいよ、最終アタック!ベースキャンプより報告いたします。

登頂予定日が7/28に決定しました。明日(7/24)にベースキャンプを出発し、一つずつキャンプを上げて7/27の夜に最終キャンプ(C4)からアタックします。

ベースにいる他隊とも協議した結果、タイミングを合わせて一斉のアタックとなります。


遠藤副隊長については、2009年時と比較して万全の体調ではないため、ベースにて指揮を執ることとなりました。従って、アタック要員は5名となります。

写真は、C2からC3方向に向けて活動中の
小谷部、北村(左から)となります。



 
 
 
 報014
見出しへ.

~ベースキャンプより報告~

K2登山隊からの入電です。
世界の皆さんと一緒に作戦の検討中!そろそろ、ですね。頑張っていただきたいです。

八木澤さん、ブログアップ御願いします。
事務局 迫

-----Original Message-----
Sent: Friday, July 19, 2013 12:13 AM



ベースキャンプより報告いたします。

ベースキャンプ入りしてから早くも25日が経ちました。
C2~C3方面の活動を経て高所順化が完了し、現在は隊員全員がベースに下りて休息をとっております。

登山活動は最終のアタックを残すのみとなりますが、本日(7/18)は栃木隊のテントに他隊の隊員が集結してミーティングを行いました。
C2までのルート工作を栃木隊が行ったこともあり、海外隊の間にいても埋没することなく存在感を発揮できています。
アタック時には他隊とも協力しての活動となるため、気象情報も考慮しながら、スケジュール調整をしていきます。

写真は、ミーティングの後に皆で撮った写真です。
ニュージーランド、オーストラリアからのクライマーやネパールからのシェルパ等、多彩な面々となりました。

よろしくお願いいたします。


 
報013
見出しへ.

~『佐々木さん バースデイパーティー』~

七夕+誕生会 最高の記念日ですね。
八木澤さんブログへのアップ御願いします。

事務局 迫

-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Monday, July 08, 2013 11:38 PM
Subject: K2栃木隊より 2013/7/8

ベースキャンプより報告いたします。

昨日(7月7日)、BCにて佐々木隊員の24才のバースデーパーティーを開きました。
悪天候が続いているため、隊員が全員BCに帰還しており、また他隊の隊員やスタッフも参加して賑やかなパーティーとなりました。

つかの間の息抜きができたことで、リフレッシュした気持ちで今後の登山活動に臨んでいきたいと思います。

以上、よろしくお願いします。





 
 
報012
見出しへ.

~『C2構築 K2にて七夕』~
K2より入電、C2設営さrているようですが、天気がよくないようです。
佐々木さん誕生日おめでとうございます。

K2からの七夕メッセージ! ですね。

-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Sunday, July 07, 2013 8:32 PM
Subject: K2栃木隊より 2013/7/7


ベースキャンプより報告いたします。

昨日までは好天が続いておりましたが、今後数日間は上部は荒れ模様となる予報が出ております。
昨日(7月6日)、難所とされるハウスのチムニーを越え、C2(6800m)を建設しました。
ここまでのルート工作は栃木隊の手によるものです。
C1、C2ともテントの設営スペースが非常に狭いため、ここまで他隊に先行してキャンプを建設できたことは今後の活動に大きなプラスになると思います。

数日前より各国からの隊も続々とBCに入ってきておりますので、今後は各隊とも協力しながらの登山活動となります。

C2建設時の写真を送ります。
ルート工作をした北村、小谷部、東山と荷揚げのハイポーター6名です。

また、本日7月7日は、佐々木隊員の誕生日のため、夜はスタッフも含め、ささやかながらパーティーを開く予定です。

以上、よろしくお願いいたします。


 
 
報011
見出しへ.

~~『C1設営完了!』~~
K2登山隊から入電しました。
ちょっと写真が小さいようですが、佐々木さん、片柳さんがC1までのルート工作されたようです。

八木澤さんブログアップ御願いします。

-----Original Message-----
From: K2Tochigi2013 [mailto:k2tochigi2013@gmail.com]
Sent: Wednesday, July 03, 2013 11:12 PM
Subject: K2栃木隊より 2013/7/3

栃木K2登山隊 事務局 迫様
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ベースキャンプより報告いたします。

本日、栃木隊の手でC1までのルート工作が完了しました。久しぶりに巡ってきた晴天のもと、キャンプを建設しました。
明日(7/4)は、登攀隊員6名全員でC1にステイの予定です。
キャンプ建設時の写真を送ります。
左から本日ルート工作をした佐々木、片柳、荷揚げのハイポーター2名の4名です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上、よろしくお願いします。


 
報010
見出しへ.

~~「現在ルート工作中」~~

栃木K2登山隊より入電しました。
衛星携帯電話が入手できたようです。
今後は、画像もお届けできるようになりました。
***********************以下BCより*************
ベースキャンプより報告いたします。

衛星携帯電話(スラーヤ)が届きました。これより、画像などの配信が可能になります。

登山活動の状況ですが、今シーズンのK2には栃木隊が1番乗りで、先頭 でルート工作をしております。
C1建設まであと1歩に迫ったものの、悪天に阻まれております。次の好天のサイクルでC1-C2までのルート工作に着手できる見込みです。

隊員のコンディションに関しては、順化も順調に進んでいるので不安はありません。

本日(7月2日)は、片柳、遠藤、佐々木の3名が風雪の中ABCに滞在、それ以外の隊員はBCでレスト中です。

隊の活動内容の写真を添付しておきます。BCからABCに向けて出発する隊の様子です。

***********************以上BCより*************

事務局 迫

 
ABCに向けて出発する隊

報009
見出しへ

~~ABC設営~~
2013年6月24日月曜日 20:15(日本時間)
北村隊長より入電
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・本日、ABC設営を行ってきました。
・隊員全員の体調はまずますで、体調の悪い人はいません、
・明日はレスト日となります。
・ここBCは、K2、ブロードピーク、チョゴリザ の素晴らしい景色を眺めながら
 のんびり出来る素晴らしいところです。
 ここでこんな素晴らしい時を過ごせるのも、家族の理解や、皆さんの支援の
 おかげであることを、かみ締めながら、味わっております。
・ナンガパルパットのBCでタリバンによる襲撃事件があったようですが、
 日本人は含まれていないようです。
 こちらは、山域も違うので大丈夫です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(調べたところ、直線距離で150km以上で複雑な山域を隔てた別の場所なので、
安全かと思われます:事務局 迫)

以上
事務局より

八木沢さんブログアップ御願いします。

報008
見出しへ 


ベースキャンプに一番乗り

6月22日 21時10分(日本時間)K2登山隊ベースキャンプに到着。
全員体調も良く、元気です。雪の状態も良いようです。新しい衛星電話はもう少し時間(1週間位)がかかります。到着したら画像等も遅れるようになります。
このベースキャンプに着いたのは、我々の栃木K2登山隊が一番乗りでした。
隊長の北村より

報007
見出しへ
**6/13メール**第4報**

スカルドの栃木K2登山隊からの連絡です。インターネットの環境が良くないようです。

最初の疲れも出てきた方もおられるようで、まだまだこれから!!頑張ってください。

八木澤さん ブログアップ御願いします。迫
-----Original Message-----
Sent: Wednesday, June 12, 2013 3:35 AM
Subject: K2栃木隊より 2013/6/11

栃木K2登山隊 事務局

K2登山隊北村隊長からの電話での連絡がありましたので内容をブログアップしておきます。
2013/6/13 22:26 事務局 迫の携帯に入電

******************************************
明日、スカルドを車で出発し最後の約150kmのデコ
ボコ道移動になります。
そこからは、本格的なキャラバンのスタートです。荷物や装備(衛星電話以外)の準備も万端で、過不足なし。
数日のスカルド滞在で、隊員、皆、体調もよく、やる気満々です。
しかし、衛星電話器の調子が悪く使用できない状態であるため、連絡は携帯の電話のみになる可能性が高くなっています。
(文章や、映像の送信ができない状態)
イスラマバードから、別途使用可能な機材を別の隊に委託して輸送してもらっていますが、現時点では不明。
登頂の連絡が電話になる可能性もあります。その場合は、他の登山隊の機材を借りて通信することも考えておりますが、それも確実に確保できているものでもありません。

とりあえず今、悩んでも仕方ないので、先に進むことを優先して行きます。

行って来ます。


********************************************

以上・・事務局 迫

八木澤さん、以上をブログアップ御願いします。

 




 
報006
見出しへ
**6/12メール**第3報**

スカルドの栃木K2登山隊からの連絡です。
インターネットの環境が良くないようです。
最初の疲れも出てきた方もおられるようで、まだまだ、これから!!頑張ってください。

八木澤さん ブログアップ御願いします。

-----Original Message-----
Sent: Wednesday, June 12, 2013 3:35 AM
Subject: K2栃木隊より 2013/6/11
栃木K2登山隊 事務局

スカルドより報告いたします

①衛星電話によるインターネット接続ですが、未だ接続できておりません。
 携帯電話会社とも連絡を取り、引き続き改 善を試みております。


現在は、北部の町、スカルドに滞在しております。
イスラマバードから2日間、インダス川沿いを走る道は悪路も多く、1日目は16時間、2日目も10時間という長時間の移動で隊員も疲労が大きかったようです。
道中では、水で流されてきた土砂で道が覆われている場所もありましたが、地元の人達の助けもあって無事に通過できました。

スカルドでは最終的な買出しや荷物の再梱包等を行っており、6月14日の出発を予定しています。
また体調が優れない隊員もいるため、日中の暑い時間帯は体を休めて回復に努めております。
よろしくお願いいたします。



 




 
報005
見出しへ
**6/8メール**
登山隊からの定常時の連絡が入りました。
イスラマバードへの出発が今日の4:30(現地時間)=>日本時間でAM8:30に
出発するようです。

八木澤さん ブログアップ御願いします。

-----Original Message-----
Sent: Saturday, June 08, 2013 2:40 AM
To: CZU04401@nifty.com
Subject: K2栃木隊より

栃木K2登山隊 事務局迫様


イスラマバードより報告いたします。

ボンベやレギュレーター、マスクなど酸素関係のチェックも行い、イスラマバード出発への準備が整いました。
まずはパキスタン北部の町、シダルを目指して2日間の陸路での移動となります。

また本日は、イスラマバード郊外にあるシャー・ファイサル・モスクを訪れ、登山の安全も祈願してまいりました。
イスラマバード発は明日、6月8日(土)現地時間4;30を予定しております。

写真を添付いたしますので、ブログへのアップデートに使っていただければと思います。

よろしくお願いいたします


 NO1NO2
NO3
NO4
報004
見出しへ
**6/4メール**
 以下、イスラマバードに入国したK2登山隊からの初めての入電となります。

***************************************************************
現地は6月4日の午後4時半、イスラマバードの日パのホテルにおります。

・イスラマバード到着後、各種手続きは順調に進んでおります。
・6月8日にイスラマバードを出発する予定となりました。
・こちらは日差しが強く、非常に暑いです。

***************************************************************

 成田出発時は、8時間送れでしたので、どうなることかと思いましたが、無事
入国、手続きを進めているようです。

以上・・・事務局 迫

報002
見出しへ

遠藤(博)君・K2再挑戦
登頂の成功を願い壮行会
 遠藤(博)君のK2再挑戦、天候その他諸条件に恵まれ、登頂成功と無事帰宅を願う壮行会が、西川山岳会主催、5月18日(土)、西川町・間沢「出羽屋」に会員と学友50名が集まって開かれた。

***セルモニー***
 ・・主催者あいさつ ~会長・渋谷
 ・・来賓激励の言葉~東根山岳会・
              中谷さん
             ~岳友・松沢
              さん
 ・・激励メッセージ入り国旗送呈
             ~宇野、小村(京)
 ・・激励金送呈   ~マウンテンゴ
              リラ・誉田さん
 ・・決意表明     ~遠藤(博)君
  ”今回は、楽しみながら登頂したい”

***激励懇親会***
 ・・乾杯音頭   ~会顧問・志田さん
 ・・懇親会(午後8;20まで)
 ・・手締め    ~会員・板坂
 ・・2次会 間沢公民館(下堀集会所)
       移動


見出しへ

 送呈国旗に参加全員がメッセージ
 遠藤(博)夫妻と主催者挨拶
(以下サムネイル写真~クリック・拡大)
 来賓激励の言葉    メッセージ国旗
               の送呈
 激励金の送呈     遠藤(博)君の
              決意表明
 懇親会          懇親会
   懇親会          二次会の模様
   

報003
見出しへ

遠藤(博)君・K2再挑戦
 山形駅を出発~~見送り
 遠藤(博)君は、K2再挑戦のため、6月2日に自宅を出て、山形駅10時14分(つばさ36号)発の山形新幹線で出発した。
 駅には、西川山岳会員や学友、知人など12名が見送りに出て、「いっらっしゃい」の横断幕を掲げて登頂成功と無事帰宅をを祈り励ました。
 3日午後に成田空港からを出国、現地、7月30日から8月の初めにかけ頂上にアタックする予定となっている。

  見送り参集者
 亀岡と子息、宇野、石川夫妻、草彅夫妻、
 遠藤(敏)、早坂(岳友)、後藤(岳友)、家
 族(子息)、渋谷、



**6/2メール**
栃木K2登山隊の北村より。


 このメールは、現地からの情報の受信先としてメールアドレスをお伝えいただいている皆さんに対して、一斉に送信しています。

 今回の私たちの登山では、皆様方には本当にお世話になっております。間もなく出発が迫ってきましたが、
 出かけてさえしまえばあとは我々の好きな登山活動が待っているだけなので、精一杯活動して山を楽しんできたいと思います。

 さて、登山隊からの情報発信についてですが私たちは、衛星携帯電話を使用し、事務局の迫さんに対してのみメールを送信する形をと
る予定です。
 緊急時以外にはメールは受信しません。通信速度が遅い器材を使用するため、受信メールがたまってしまうと送信作業にも支障があるためです。

 迫さんは、受信した情報を、今回このメールをご覧いただいている皆さん、下野新聞社様、そして事務局のブログ担当者である八木沢
さんに転送します。

 なお、緊急時に関しては、通常時とは別の対応を事務局にお願いしてあります。その際には隊員家族・所属山岳会・職場への電話連絡に限定しなければならない状況もあり得ますので
ご了承ください。

以上、よろしくお願いします。